日常生活の日記

親戚からビタミン豊富な文旦を頂きました!

愛媛に親戚がおり、大量に文旦を送ってきてくれました。
文旦とは、グレープフルーツくらいの大きさのハッサク系の柑橘類です。
かなりのすっぱさがありますが、それが美味しさです。
あまり関東では文旦は見慣れないので、食べなれないですが、
すっぱいので塩をかけて甘みを出して食べます。
この食べ方が一番美味しいです。

また、皮が良いにおいがして厚みもあるので、マーマレードにするのも良いでしょう。
かなりのすっぱさがあるので、甘みを出すのが少し難しいかもしれません。

ちなみに、文旦は日本語読みでブンタンなのですが、もともとはサボンと言うそうです。
アジア南部が原産国であり、サボンは粘液が水に溶けた石鹸のように泡立つことからシャボンとなりそこからサボンと呼ばれたと言う説があります。
ちなみに、ポルトガル語です。
また、文旦類は約40種類以上日本で植えつけられていると言われていますが、実際に栽培されているのは15種類だそうです。

こんなビタミン豊富な文旦なので、お肌にも当然良いです♪
最近少し肌荒れしかけていたのですが、解消されたのはきっと文旦のおかげです。
近頃、肌荒れ解消させる方法など調べることにハマっているので、みんなの肌潤糖や文旦も1つの肌荒れ解消法になるでしょう!